10年目のF1観戦記ANNEX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/05のツイートまとめ

atucy12

ベッテルのバトンへのオーバーテイク、アロンソの計算高いペース配分。そして、ライコネンの優勝。上位4台と5位以降の争いにレベルの違いを感じざるを得なかったアブタビGP。中団勢の荒れた展開の中、可夢偉は好スタート、手堅いペースで6位。残り2戦も楽しみ。 #f1jp #F1GP
11-05 07:20

ペレスの走りが次第に荒々しくなっている。走りにメリハリを付けるのが上手いドライバーというイメージだけれども、バトンが序盤戦にペレスの走り方であれだけタイヤのライフをキープできるザウバーのマシンを褒めていたことを思い出した。 #f1jp #F1GP
11-05 07:21

ペレス自身はポイント圏外も、スタートでフォースインディアと接触、終盤には自身の接触時のマシンの破片でシューマッハにピットストップを強いる。決して前向きなレースではなかったものの、結果的にコンストラクター争いに貢献していることに・・・。 #f1jp #F1GP
11-05 07:22

GP2のスピリッツをF1に持ち込んできたグロージャンとマルドナド。たとえ自身に非がなくても、アクシデントのシーンに頻繁に登場するあたり、やはりそういう性質のドライバーなのかと、思うしかないのかと。 #f1jp #F1GP
11-05 07:25

近年のGP2上がりの若手、グロージャン、マルドナド、最近のペレスとか。年齢が近いドライバーが多いこともあるのか、たまにレースに対しての遠慮の意味を履き違えてると思う。そして、たまにポディウムに上がるからその走りがさらに正当化されるという悪循環。 #f1jp #F1GP
11-05 22:26

続き。それがいいか悪いかは別にして現役チャンピオンが若いし良い言い方をすれば皆大人。変な言い方をすれば、叱られると怖い風格を持ったチャンピオンがいない。シューマッハは風格以上のノスタルジーを感じるし。ウェバーがチャンピオンとってたらちょっと違ってたかも。 #f1jp #F1GP
11-05 22:54

若々しさの残るペレスにセカンドドライバーとしての役割は物足りない。でも、ジョイントナンバーワン扱いとしてもやはり今のままでは物足りない。伸び代がどこまであるのか。マクラーレンのペレスに対しての期待値は気になるばかり。 #f1jp #F1GP
11-05 23:44

スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Favorite

Monthly

Categories

Recent Entries

Appendix

atucy

atucy

「10年目のF1観戦記」別館へようこそ!

FC2Ad


  1. 無料アクセス解析





現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。